ページの本文へ

Hitachi

日立メディカルコンピュータ

dennsi

在庫管理

各種データと連携し、計画的でわかりやすい在庫管理を実現。経営の合理化、効率化を支援します。

入・出庫

各種データの活用で簡単管理

納品データからの伝票入力(オンライン対応)

伝票単位での管理(バーコード入力)

レセコンの処方せん入力とリアルタイムに連携

PTP、バラなど包装形態別に管理

発注済みデータからの検品入力

発注

充実のチェック機能で適正発注

オンライン発注業務を標準連携

各種発注システムにも対応

処方せん入力時に発注点割れのチェックが可能

長期投与の患者さまの次回来局予定日を確認し、発注の調整が可能

帳票

二次利用も可能。豊富な管理帳票

在庫一覧や入出庫情報、月別の実績、請求予定等の豊富な管理帳票を準備

表計算ソフト等で帳票データの二次利用も可能

経営分析ツール

処方せん受付状況をさまざまな切り口で分析し、薬局経営を支援します。

点数区分別集計

処方入力内容から管理料や技術料の算定状況を集計し、日々の業務を数字データで可視化。経営分析の有力な材料を提供します。

時間帯別受付集計

曜日や時間帯ごとの来局者数を集計。より戦略的なマネジメントを可能にします。

後発医薬品使用促進

さまざまな機能で後発医薬品の使用促進を支援します。

過去3ヶ月間の後発品比率集計

「後発医薬品調剤体制加算」の届出に必要となる、過去3ヶ月間の後発品比率の集計が届出イメージで行えます。

後発品調剤率検討

過去の後発品調剤の実績に対し、特定の薬剤を後発品に置き換えるとどの程度後発品比率が変わるかを確認するシミュレーション機能。

本部管理

各店舗のデータを集中管理することでコストを削減し、情報共有による経営効率を高めます。

分譲支援

日々確定する在庫状況を本部に集約。チェーン内にデータを配信し、各店舗の在庫状況を共有します。

意思決定支援

  1. 売上報告支援機能
  2. 処方せん受付状況把握
  3. 全店仕入金額管理
  4. 後発医薬品使用状況把握

管理帳票作成支援

さまざまな管理帳票を簡単に制作可能。作業効率を高めます。