ページの本文へ

Hitachi

日立メディカルコンピュータ

より正確に、より効率的に。薬局経営を支えます。

在宅情報管理

在宅患者訪問薬剤管理指導に必要な、在宅特有の情報を記録・管理することができます。

主治医からの情報や身体状況、ADL等の基本情報を管理

残薬状況や保管状況などの日々の情報を管理

文章作成機能

周辺医療機関や在宅関連施設などとの情報共有に使用する文書の作成を支援します。

報告書

計画書

※本機能を使うためには別途機能Microsoft社のWordが必要となります。

定期処方管理

定期的に処方される内容を管理し、過去処方との比較だけではなく、定期処方との変化を確認できます。

Pharma-SEED smart

タブレット端末を使って薬局外からでも薬歴情報を参照、入力することができます。

ロケーションを問わず使用可能

チェーン薬局の管理にも

Pharma-SEED smartのセキュリティ

国内の堅牢なデータセンターを利用

情報はデータセンターに常にバックアップされており、緊急災害などで薬局のサーバーが使用不能になっても安心

薬歴データはサーバー上の最新データを随時取得。端末には保存されないため、万一の紛失・盗難時にも安心

接続/参照ログ管理により、不正利用を洗い出し

持ち出し端末

局内で通常クライアントとして使っているノートPCを在宅対応用の端末として持ち出し可能に。

持ち出し端末のセキュリティ

対象患者の情報のみを抽出し、必要最小限のデータのみ持ち出し可能に

情報は常に暗号化され、本システム以外では参照不可

IDとパスワードでアクセス制限をかけ、情報への不正アクセスや抜き取りを防止

一定時間を経過するとデータが自動消去され、万が一端末を紛失した場合のリスクを軽減

任意に設定したログインの限度回数を超えると不正アクセスとみなしデータを自動消去

USBデバイスを採用し、キーデバイスの装着時以外は起動不可