ページの本文へ

Hitachi

日立メディカルコンピュータ

電子カルテ「Hi-SEED W3 EX」よりシンプルに、より快適に。クリニックの業務と経営を『最適化』する電子カルテ。

製品導入の流れ

3ヶ月前

製品説明/デモンストレーション

当社スタッフの訪問、またはショールームにお越しいただき
製品の使用感を実際にご体感いただけます。
導入予定の機器やご希望についてヒアリングを行い、
システム構成などのご提案とお見積をさせていただきます。


システム構成ご提案/お見積

ご使用いただく環境やご要望に合わせて、
製品のシステムやネットワークの構成をご提案いたします。

2ヶ月前

ご契約

提示したシステムのプランやお見積金額に
ご納得いただけましたら、正式にご契約となります。

運用確認/マスタ抽出

実際の業務に合わせてシステム運用を細かく調整すると
ともに、ご使用いただくマスタデータ(病名や薬剤名など)
を抽出します。

1ヶ月前

設置/導入教育

院内に本体を設置完了後、テスト稼働環境下で
ドクターやスタッフの皆さまへの操作レクチャーを行います。
並行して皆さまの実務に合わせた最終調整を行い、
現場での操作に最適化していきます。

納品完了
稼働直後

システム稼働立会い

開業後、システムや機器連携が適切に稼働しているか
当社スタッフが実際に立会い、確認いたします。

稼働翌月

レセプト立会い

初回のレセプト請求時にも当社スタッフが立会い、
システムの稼働状況を確認いたします。

アフターサポート

製品納品完了後も、コールセンターによる受付窓口や、オンラインでシステムの問題を解決する
リモートメンテナンスなど 各種サポート体制をととのえております。